脊柱管狭窄症は神経を圧迫する~医療機関で早期検査を~

女性

予防に目を向ける

病院

平野区にはいろいろな病院があります。それぞれの症状に応じて診察を受けることあできます。そして、病院の方が、クリニックよりも標榜をしている診療科が多いので、きっと、それぞれの症状によって、診てもらえることができると思います。

詳細を確認する

がんの治療

男性

がん治療には外科手術や化学療法が非常に知られていますが、それらだけでは完全な治療には至りません。そこで登場してくるのが副作用が一切ない免疫療法です。自身の免疫力を高めることで、正常な細胞を傷つけることなくしっかりと治療することができます。

詳細を確認する

指先に違和感がある場合は

看護師

チリチリした痛み

手の指先にチリチリとした痛みや痺れなどの違和感がある場合は、脊柱管狭窄症の可能性を疑ってみるとよいです。骨折をしたとか、皮膚に深い切り傷を負ったなどという場合であれば、かなり強烈な痛みが発生します。また、患部の状態を目で見ることができるため、患者自身が自分の体に起こっていることを正しく認識することができます。しかし、脊柱管狭窄症のように神経の損傷が原因で痛みなどの違和感が起こっている場合は、患者自身が自分の状況を正確に判断するのは簡単なことではありません。そもそも脊柱管狭窄症の場合は、症状を発生させている原因自体は腰や背中にあります。でも、痛みの症状などが起こる部位は、そこから遠く離れた場所です。ですので、手足に原因不明の違和感があり、その状態が長く続いている場合は、なるべく早く医療機関を受診して、医師の診察を受けるようにした方がよいです。

病気の特徴

人間の体の中心部を貫いているのは背骨です。背骨の中には脊柱管と呼ばれる管が通っているのですが、この脊柱管の中には脳から伸びた神経の束が入っています。この脊柱管の内部にある神経の束から細かい神経が分岐して、体のあちらこちらに脳から発せられた信号を伝達する仕組みになっています。脊柱管の中には神経の束だけでなく太い血管も通っています。体を動かすためになくてはならない重要なものばかりが入っていますので、脊柱管自体は結構頑丈な作りになっています。しかし、年齢を重ねるにしたがって、いくら頑丈な脊柱管でも、少しずつ弱っていきます。加齢の影響や怪我などが原因で脊柱管が狭くなり、中におさまっている神経が圧迫されてしまうことが実際によくあります。これが脊柱管狭窄症と呼ばれる症状なのですが、神経が圧迫されるため、脊柱管から遠く離れた部位に痛みや痺れの症状が発生します。

ストレス対策と生活改善

女性

心筋梗塞が若年層の方にも増えています。ストレスのコントロールと生活習慣の乱れが原因です。若いうちから、乱れた生活習慣を正し、ストレスを抑える能力が必要な時代となってきました。運動等によるストレス解消、十分な睡眠時間、肉などの脂の少ない食生活を心がけていきましょう。

詳細を確認する